2012年10月18日木曜日

iPhoneカンフー #007 キーの長押しを活用する

おもにローマ字入力を利用している人向けのワザですが、「日本語かな」を使っている人にも一部役立ちます。

iPhoneでは文字入力の際には自動的に下からキーボードが出てきます。このキーボードの種類(「ローマ字入力」や「かな入力」「絵文字」など)を選ぶことができるのは、多くの方がご存じでしょう(下記「補足メモ」参照)。

複数のキーボードを使っていると画面左下に地球のマークが表示されて、そこをタップすることで別のキーボードに切り替えることができます。私の場合、「英語」「日本語ローマ字」「日本語かな」「絵文字」と4つもキーボードをこの順番で使っているので、たとえば、「日本語ローマ字」から「英語」に切り替えるには、3度も地球マークをタップしなければなりません。

長押しで選択肢を表示

こういったときに便利なのが、キーの「長押し(ながおし)」です。地球マークをタップしたまま指を離さずにいると、利用しているすべてのキーボードが表示されて、その中から希望するものを直接選ぶことができます。地球マークを少し長めに押さえてそのまま指を離さずに上にずらせばよいのです。

この「キーの長押し」は、色々な場面で選択肢を提示してくれます。いくつか紹介しましょう。

  • 英語キーボードで、uやiやoなどを長押しすると、ウムラウトやアクサンなどが付いた文字(îとかüとかéとか)を表示
  • Safari(サファリ、ウェブブラウザ)のURL入力時、.comが表示されている場合、.comを長押しすると、.net、.jp、.co.jpなどを表示(指をずらして選択できます)
  • Safariで◀を長押しすると、履歴の一覧が表示されて、かなり前に見たページでも簡単に戻ることができます。ちなみに▶を長押しすれば、現在のページの後に表示したページの一覧を表示できて、一番最後に新たに表示したページに簡単に戻れます。(8/6追加)
  • メールのアドレス時、英語キーボードになってしている場合、"."(ピリオド)を長押しすると、.com、.net、.jp、.co.jpなどを表示(指をずらして選択できます)
  • 日本語ローマ字キーボードで、半角と全角のローマ字を表示
  • 日本語ローマ字キーボードで、いろいろな記号や「約物」を表示。たとえば、"「"を長押しすると、"["、"【"、"《"などが表示され、ワンタッチで選べます(ちなみに、"^_^"マーク押して、表示される[↑]をタップすると、100を超える顔文字が候補として表示されます)。

補足メモ ── キーボードの追加、削除、入れ替え

[設定]→[一般]→[キーボード]→[キーボード]と選んで、[新しいキーボードを追加]したり、[編集]をタップして順番を入れ替えたり、削除したりできます。

[編集]をタップしたあとで、キーボードの順番を入れ替えるには、右側に表示される3本線をドラッグします。この画面で[削除]ボタンを押せば削除もできます。

なお、削除をするにはもう少し簡単な方法もあります。[編集]ボタンをタップせずに、削除したいキーボード項目を左右方向にサッとなでる(スワイプ)します。すると、[削除]ボタンが現れるので、それをタップすればよいのです。

この「スワイプ&削除」は、メールメッセージなどについても使えます。削除したい項目があるときはいつでも試してみてください。

今日の肝

  • キーを長押し ── 関連する候補が表示されることがある。半角と全角、アクサンなどの修飾文字、.co.jpなど。
  • 新しいキーボードの追加 ── [設定]→[一般]→[キーボード]→[キーボード]→[新しいキーボードを追加]
  • 項目の並び替え ── 三本線をドラッグ
  • 項目の削除 ── 左右にスワイプしてみる

0 件のコメント: