2017年7月1日土曜日

レイドバトルって、そんなことやってる暇はないわ(恥ずかしいし)

ポケモンGoがアップデートしてから、バグの多さに嫌気が差して、あまり起動していないけれど、それでも時々は起動する。カワイイ新顔のポケモンが出たりするとうれしい。

昨日久々に「ジム」に行ってみた。戦おうと思ったら、「レイドバトル」とかいう戦いしかできない!

120秒のカウントダウンを始めやがって、その間ただ待ちぼうけ。

すぐにバトルを始める方法はないか試行錯誤していたら、お母さんを伴ったガキが二人やってきた。どうやら「レイドバトルがはじまりそうだ」とかいうメッセージを見てやってきたらしい。

120秒も待ってるほどこっちは暇じゃネェぜ。(っていうか、恥ずかしくてオジサンがそんなところにいられるか! せいぜい一緒にできるのは、家族かポケモン話で盛り上がる友だちぐらいだぜ)。

さようなら、かな〜。もうだいぶポケモンも集まったし。

もうちょっと、知的でおもしろい、自分でも遊べるゲームを作るのが一番いいんだけどね。

そういや、大学院に入りたての頃、BASIC習うのに、いくつかゲームを作ったっけ。懐かしい。 仕様(スペック)は今でもはっきり覚えているから、JavaScriptで作ってみるかな〜。

網戸があまり好きじゃない

机の位置を窓から少しずらしたら、部屋に入ったときに外の景色が窓一杯に見えるようになって気分がとてもさわやか。パソコンとモニターで視界がだいぶ(さえぎ)られていたのね。

そしたら、今度は網戸が気になるようになった。もともと網戸はあまり好きではない。蚊や蠅を防いでくれるのはもちろんありがたいのだが、外の景色がなんか曇ってしまう感じ。外から入ってくるはずの、「氣」も遮られちゃうような気がする。

そこで思い切って、網戸を外してしまった。そしたら、眺めがもっと爽快。蚊の季節は、もうひとつ窓があるからそこから空気を入れることにして、この窓はずっと締め切ってしまおう。入り口の扉を開けておけば、空気は流れるし。

私一人暮らしなら、気にせずにこの窓も開けちゃうんだけれど(上のほうの階だから、元々あまり蚊はいないんだけどね)。カミさんは蚊が大の苦手なので、ここは譲歩。

2017年6月24日土曜日

ポケモンGo バグ多すぎ

ポケモンGoが大幅刷新。しかしバグ多すぎ〜。しかもしょっちゅう死んじゃう〜(ポケモンがじゃなくて、アプリが〜)。

ジムに入って、戦っている最中に平気で落っこちる(これって、この種のアプリとしては致命的だと思うんですが...。違います?)

ジムを覗いてみるだけで、ぼこぼこ落ちる。

「バグは後で直せばいい」と思っているんかい? ソフトウェア開発者の風上にも置けん。ポケモンの魅力だけで、ユーザーが離れないと思っているのかな〜。(モットもリリースするかを決めているのは開発者ではないか...。は〜)。

「採算がとれるかどうかわからなくて、テストに人数をあまり割けない」というのならばともかく、世界中で大儲けしているんでしょう? それなのにこのレベルでリリースするんかい?

ポケモンの魅力に負けてついつい起動してしまっている人でも、同じ会社の他のソフトは使う気にならんのではないかいな。

今までも結構落ちていたけど、3倍はよく死ぬ。あきれた〜。

それでも起動してしまう私は...。

いや、この業界にいる以上、話題について行けないと辛いし...(うそ)。