2019年5月27日月曜日

「こんまり流」に挫折した人は「体幹ストレッチ」がいいかも

金曜日に、東京12チャンネルを見ていたら、「こんまりさん」が登場していた。アメリカやカナダでは、整理術というよりは人生哲学的な扱いをされているらしい。

今日月曜日、HDレコーダーの録画番組リストを表示していたら日本放送協会の「こんまりさん」の番組が目に入ったので再生してみた。 番組のタイトルで自動録画していたヤツだ。

なんだ、日本でも人生哲学的な面に光が当たっているんじゃないか。 登場人物3人のうち、2人が、たまった物を片付けながら、昔のことを思い出して、大粒の涙を出して泣いていた。

体幹ストレッチでも泣いちゃう人いるんだよね〜

と、ここで、私が講師をつとめる「体幹ストレッチ講座」が突然登場する。

5年以上前のことだけど、師匠が開催した合宿に参加したときのこと。 午後のレッスンの時、二人ひと組で「ほぐし」をしていて、私がある女性の足の裏を少し踏んであげた。

夕飯を食べた後、夜のレッスンの時、その女性が近くに来て「また、足の裏、踏んでくれませんか?」と頼んできた。 「喜んで」とこたえて、彼女の足の裏を踏み始めたら、その女性がオイオイと泣き出したのだ。

私も何となく()める気がしなくて、ただひたすら、そう、多分20分ぐらい女性の足の裏を踏み続けた。 そのあいだ中、座布団を胸に抱えるようにうつ伏せになって(多分、大粒の涙を流しながら)ずっとすすり泣いていたのだ。

女の子を泣かせてしまったことなんて、今まで、人生で一度もなかったのに(これはウソかな)。

どちらもデトックスなのだ

体幹ストレッチもコンマリさんもどちらもデトックスなのだ。 一方は体の流れをよくし、もう一方は自分の家の流れをよくする。

そうすると不思議なことに、もう一方の流れもよくなってくるのだ。

私が体幹ストレッチを始めて何年かたった頃、突然掃除がしたくなって止められなくなったことがあった。 キーボードのキーの間とかも、クリップの針金でホコリをほじくってきれいにしたりして、キーボードを壊してしまったこともあったくらいだ。

しばらくして、私達の後にストレッチを始めた息子が、突然部屋の掃除をはじめたりした。「伝染したみたいだね」とカミさんと話をしていたが。

こんな話を体幹ストレッチの受講生の女性にしたら、半信半疑という感じで「へ〜」と聞いていてくださったが、 しばらくして、「(同棲中の男性が)突然部屋の掃除を始めました」と報告してくださった。 私は大笑いをしたが、その女性はストレッチの効用を信じてしまったらしくて、しばらく続けて通ってくださった。 彼氏本人も、一度だけ体幹ストレッチに参加してくださったことがあったが、むしろパートナーの流れがよくなったことの影響のような気がする。

その後、仕事が忙しくなったので、行けなくなったと2度ほど連絡が来たきりいらしていないが、またそのうち復活してくださるのではないかと期待している(待ってますよ〜、○○さん)。

自分の内側からはじめるか、外側からはじめるか。

ストレッチして体内の流れをよくすることから始めるか、自分の外の空間をかたづけて、風や「気」の流れをよくすることから始めるか。

どちらから始めても同じような反応や効能があるのが面白い。

正誤表

東京12チャンネル → テレビ東京

2018年10月7日日曜日

プログラマーという職業はいらないのだよね、本来は

世のプログラマーの方々には申し訳ないけれど、本当はプログラマーなんていう職業はいらないんだと思う。

業務に精通している人が、自分たちのために自分たちでシステムを作るのが一番いい物ができるのだ。

特許について知らない人が特許庁のシステムを作ろうとするから、途中で投げ出してしまうようなことが起こるわけで、特許業務を良く知っている人が作れば、そんなことは普通は起こらない。 一番見通しが立つのは、業務をやっている人なのだ。

自分が社会保険の手続をまったくやらない人が作るから、「Javaをインストールして、ActiveXを使ってやってください」とかいう、何のためにネットでやっているのか理解不能な、20年前に戻ったような要求を突きつけて、いまだに平気でシステムを運用しているわけですよ (こちらは個人的な恨みが込められている文ですが...)

実際問題としては、セキュリティの話とかまで精通するにはそれなりの修行が必要だから、プログラマーという職業がなくなるわけではないのだけれど。

少なくとも、自社(自組織とか、政府とか)で開発部隊を抱えてるほうがいいに決まっている。 第三者に説明するだけで、すごく手間がかかるし、コストもかさむ。 自分たちの中で作るのが一番いいのだ。

だから、言語とか、開発環境とかを作る人は、できるだけ一般人でも作れるよう努力すべきだと思うのだ。 玄人受けする言語を設計するのも悪くはないけれど、プログラミングの基本を抑えている人ならば、小難しいことを知らなくても安全である程度効率のよいアプリやシステムができるような言語や開発環境を作って欲しいと思う。

そんな流れのひとつが、DevOpsなのかな〜と、「まもなく校了」の『LeanとDevOpsの科学[Accelerate]』という本を訳していて思ったのだ。

Dev(開発)とOps(運用)が近ければ近いほど、使いやすいシステムができる。

翻訳者も似てる?

「翻訳者」という職業もいらないということになるかな〜。 みんな英語ができれば、翻訳者は不要なのだよ。

私は本来不要な仕事を2つやっているわけ?

でも、訳書並みに原著を読んで理解するのは、かなり〜大変だと思うよ。というか、そう思ってもらえるように、良い訳本を仕上げるのが我々の使命なのだ。

2018年8月25日土曜日

種なしブドウを食べると種なしになる?

ブドウ(山梨産ピオーネ)を食べたら目の調子がいつになく良いような感じがしたので、しばらくコンスタントに食べてみようと思って八百屋に行った。

実家にいた頃は、ブドウを出荷するほど作っていたので、秋になるとほぼ毎日巨峰を食べていたのだけれど、今は自分たちで買うしかないので、大量には食べられない。 でも目にいいとなると話は別。多少出費がかさんでも、健康には代えられない。

巨峰を売っていたので買おうかと思ったら「種なし」と書いてある。 「今は巨峰も種なしなんですか?」と八百屋の叔父さんに聞いたら「そうだよ」とのお答え。 昔はデラウエアしか、種なしはなかったんだけどな〜。

それで思い出したのが先日NHKでやっていた日本人の「精子力」が低下中という話。

「種なしブドウ食べると種なしになる」なんて話はないんだろうな〜。 でも、30年後に「種なしブドウを作るジベレリンは人間には無害と思われてきたが、じつは影響を与えることが判明」なんてことにはならないんだろうか。

あまり、種なしブドウは食べたくないな〜。 少なくともイメージ的に良くないんじゃないだろうか(イメージの力を過小評価してはいけない)。

だいたい、「種を出すのが面倒」なんていう、ずぼらなヤツはろくな仕事もできんじゃろう(これは、暴言かな...)。

結局、昔から種なしがあるデラウェアを買って食べました。種ありブドウが食べたい。


ちょっと検索してみたら、種ありの巨峰のほうが美味しいという話もあるみたい。 まだ種ありブドウが食べられそうだ。よかった。

ブドウ(巨峰)の種は簡単に、しかもきれいに出せる

2018年10月8日追加

カミさんも知らなかったし、どうも多くの人がご存じでないようなので、ブドウの種の出し方講座です。 私は実家にいた頃、秋になると毎日2房、3房と食べていたので、独自開発したワザです(今、毎日3房も食べたら糖尿病になりそうですが、当時の運動量は半端なかったので全然平気。18歳の秋、「来年からはこんなに食えないから今のうちに」と思って、1日5房ぐらい食べたことがありました)。

  1. 一粒手に取ったら、穴を口のほうに向けて、中身をギュギュッと押し出します。同時に、唇を丸めて少し吸い込んだほうがスムーズにいくでしょう。これで、中身全体が口の中に入ります。まだ、皮はに手に持ったままにしてください
  2. 粒の中央を歯で噛み、ブドウの種をゼリー状の部分から分離します。歯の唇側に種を置いて、中に強く吸い込んで中身を喉の方向に移動させたり、舌で種を歯の外側に移動したりしてください。最終的には、種を唇と歯の間に残します
  3. 手に残っている皮を唇に軽く付けて種を穴の中に入れます。中に入らなくても構いません。種を皮で包み込むようにすればOKです。
  4. お皿とかゴミ箱とかに一体化した皮と種を捨てると同時に、ブドウの中身を良く味わいながら、ゴックンします。「ああ、美味しい。日本人に生まれて良かった。ブドウをいっぱい作っているうちに生まれて良かった」
  5. 上記をすべての粒に関して繰り返します

一緒に食べている人にもこの秘法を伝授してください。外国人の方がいたら、「お国に帰っても広めてね」とお伝えください (Corpyright Hiroyuki MUSHA (^_^))