2010年6月5日土曜日

iPadと比べるとiPhoneがカワイイ

iPadを買いました。大きくて便利です。でも重いです。

とくにiPhoneと比べると重い。iPhoneはいつもズボンのポケットに入れています。忘れて行っても気がつかないくらい軽いです。

仕事でiPadを使っていて、外出にiPhoneだけを持っていてiPhoneを取り出すと、メチャちいさく感じます。小さいだけでなく、かわいい感じがします。何ともいとおしいような感じさえします。

この感じ、どこかで味わったような気がしてカミさんと話をしたらわかりました。息子が小さい頃、しばらく息子の世話をしていて,急にカミさんの顔を見たときに
「でかい。こんなに顔でかかったっけ」って思ったものでした。

逆にカミさんの顔を見てから、息子の顔を見ると小さくて何とも可愛く思えたものでした。

人間は小さなものを可愛く思う、いとおしく思うようにできているのですね。それで子供を育て命をつなげていくようになっているわけです。

iPadからiPhoneに命が繋がるわけではありませんが(どちらかというと生まれた順は逆ですね)、なんともおもしろい類似性を感じたのでした。