2005年12月9日金曜日

テレビとインターネット

最近、インターネットというかコンピュータ業界全体が、「広告で儲けなければいけない」というような雰囲気になっているような感じがします。ソフトウェアを開発してきたものにとっては困った話で、いくらソフトを開発してもそれだけではお金がもらえないような状況になってきてしまいそうです。

何年か前の「ドットコムブーム」の時は、「広告で稼ぐ」というのが一時期、はやったものの、しばらくすると「広告、広告って、広告だけで生きていけるサイトなんてそんなにないよ」ということになって、私としてはホッと胸をなで下ろしたのですが。

最近、また「広告、広告」とうるさくなってきたので、ちょっと考えてみたのですが、気が付いてみるとテレビもラジオも広告だけで収益を上げているのですよね。一番最初にこのモデルを考えたのがどなたなのか知りませんが、ラジオやテレビで広告を流せば、自分たちが作る番組の制作費用がまかなえる(その上収益もあげられる)ことを見抜いた人はたいしたものですね。

やっぱり、インターネットやソフトウェアの世界も同じようなことになっていくのでしょうか。まあ、テレビでも最近はケーブルとかスカパーとか有料のものもありますし(NHKも一応そうですが)、広告ばっかりということにはならないでしょうが…

2005年12月8日木曜日

アップルは2度目の大失敗をするか?

Realが新しい音楽サービスRhapsodyのベータサービスを開始しました。まだ日本からは利用できませんが、iTuneとは違って、単にブラウザがあれば聞けるミュージックサービスです。マッキントッシュでもLinuxでもOK。

このニュースに接して思い出したのが、アップルと互換機との関係。20年ほど前、アップルがマッキントッシュを発表したとき、ビル・ゲイツをはじめとする多くの人が、ライセンスを供与して互換機を作れるようにすることをアップルのに提案したのだそうです。もちろんアップルの社内にもライセンス供与に賛成の人はいたのですが、ついぞ反対派を説得することができず10年以上が経過したのでした。

マッキントッシュの互換機が登場したのは、1994年のこと。ライセンスの供与方法に問題もあったのでしょうが、基本的には、時すでに遅し。ほぼウィンドウズ一色に染められてしまっていた、パソコン業界の勢力地図を塗り替えることはできませんでした。その後スティーブ・ジョブズがアップルに復帰すると、ライセンス供与を止め、現在もマッキントッシュはアップルだけが販売しています。

RealのRhapsodyを見て、このことを思い出してしまったわけです。アップルはiPodを売るため、ミュージックストアで販売した曲は(少なくとも公式には)iPodでしか再生できないようにしています。これに対して、他のサービスはいろいろなミュージックプレーヤーで再生できるのがほとんどのようです。

今のところ、iPodが圧倒的なリードを保っているからいいのでしょうが、この先どうなるかは分かりません。「パソコン」と言えるものを初めて大量生産し、圧倒的なシェアを誇っていたにもかかわらず、その後の戦略を誤ったがためにその地位を失ってしまったアップルが、またおなじ道を歩むのでしょうか?

でも、20年前と大きく違っていることがあります。スティーブ・ジョブズがこの20年間で蓄えた経験です。最近のジョブズを見ていると、「大人になったなあ」と感じてしまいます。このジョブズが率いるアップルならば同じ轍は踏まないのではないかと思うのです。

私も大人にならなければ...

2005年12月7日水曜日

訳と創造性

今日は、「翻訳と創造性」なるタイトルにしてみました。構えて言うと「翻訳は創造的な仕事か」というのが今日のテーマです。

翻訳は、すでにある言語で書かれた事柄を別の言語で書き表すわけです。オリジナルの文書は創造性溢れる文書である場合が多いのですが(そうでないものもありますが、そうであればあるほど翻訳する価値が高いわけです)、翻訳者自体は何ら創造的な活動はしないわけです(すくなくとも、世間ではそう思われていると思われます)。創造的な活動をした著者に代わって、その創造的な内容を別の言語しか読めない(あるいはもともとの言語では理解が容易ではない)読者に提供しているわけです。

あくまでも、創造的な仕事をするのは翻訳者ではなく、原著者なわけです。翻訳者は何ら創造的なことはしていないわけです(とまた繰り返しておきます)。

しかしです、原著者は新しいこと、創造的なことを書いているわけです。それを翻訳するくらいですから、翻訳された言語(の世界)にとっても創造的なことであることが多いわけです。つまり新しいことなわけです。新しいことを、既存の言語の枠組みで記述しなければならないわけですから、決して容易なことでない場合が多いわけです。

翻訳は、新しい概念を創造する仕事ではないのですが、その新しい概念を説明するために、新たな創造する必要はある場合があるわけです。翻訳者は、表には現れない創造をすることによって、地味〜に創造的な仕事をしている、というのが本日私が皆さんにお伝えしたかったことなのでありました。

おわかりいただけました?

2005年12月1日木曜日

翻訳通信が届く

翻訳家山岡洋一さんの「翻訳通信台43号」が届きました。下記のURLからバックナンバーをご覧になれますので、翻訳にご興味のおありの方は是非是非お読みください。
http://homepage3.nifty.com/hon-yaku/tsushin/

山岡さんにお目にかかったのはもう20年近く前になるのですが、山岡さんの翻訳に対する考え方、姿勢には大きな影響を受けました。私の場合、コンピュータ関係の翻訳なので、事情が少し異なるところもあるのですけれど、翻訳通信を拝見すると「まったくその通り」とか「なるほど、そうか」と思うことがたくさんたくさんあるのです。

山岡さんの主張を(ちょっと乱暴ですが)一言で表すと、「原語のネイティブスピーカーが原文を読んで受ける印象とまったく同じ印象を日本人(日本語のネイティブスピーカー)が受けるように翻訳すべし」ということになると思います。まったく私も同感です。

2005年11月22日火曜日

老眼鏡はいやなので

最近本を読むと目が疲れます。もう30年近くほとんど毎日コンピュータに向かっているにもかかわらず、左右とも裸眼で視力1.0以上を保っているのですが、さすがに小さい字は厳しくなってきました。

最近は、本を読むよりもパソコンで文章を読む方が疲れなくなってきてしまいました。なぜかというと、文字をすごく大きくして読むからです。Wrodも ExcelもPDFの書類もだいたい175%とか200%に拡大して読んでいます。エディタやメール、ターミナル(DOS窓のようなもの)の文字は24ポイントぐらいの大きさです。

右目に乱視があるせいでしょうか、小さくても文字は読めるのですが目が疲れます。そのため、だいぶ前から大きな文字を使っていました。20年ぐらい前は、まだメモリが高価だったので、ワークステーションなどでもせいぜい8Mバイトとか16MバイトとかのRAMしか搭載していませんでした。24ポイントのフォントを使ったりすると、だいぶメモリを圧迫するので、大きなフォントを使うのは一番利用するemacsというエディタ用のウィンドウだけにしたりしていました。最近は512Mバイトとか1Gバイトとかが当たり前になってしまったので、このあたりはまったく気にしなくてすむようになりました。

というわけで、今日は文字の拡大・縮小機能のご紹介です。DictJugglerには、タブ機能やブックマークの機能こそありませんが、「辞書ウィンドウ」も「ブラウザウィンドウ」も立派なウェブブラウザになっています(ちなみに、ブラウザウィンドウには、HTMLの書類だけでなくWordや RTF、テキスト形式のファイルも表示でき、こうしたファイルの内容を読んでいるときにもワンクリックで検索・辞書引きができます)。

DictJugglerでHTMLを表示するときには上の方に拡大・縮小のアイコンが、Wordやテキストなどを表示しているときには、左下の方に「%」で大きさを指定できるポップアップメニューがついています。ですから、(私のように)小さい字はちょっと苦手という方でも安心です。さらに、「環境設定」の「テキストブラウザ」で、「デフォルトの拡大率」を指定すると、ウィンドウを開くたびに選択しなくても、いきなり大きな文字で表示することができます。

この拡大率ですが、WordやExcelなどには、100%、125%、150%、200%という選択肢が用意されているのですが、なぜか175% はありません。175%というのは、じつは私の好みでして、この大きさが私にとっては一番読みやすいのです。けっこう文字は大きいし、情報量もまあまあ確保できるというところだと感じています。そこで、DictJugglerには175%というのが選択肢で入っているわけです。

目が疲れるとお思いの方、ぜひ、文字を大きくしてみることをおすすめします。Safariならば「ツールバー」に拡大・縮小ボタンを表示できますし、ほかのブラウザでもメニューで選べます。

バリバリの開発者の方は、お若い方が多いでしょうが、そういった皆さんもあと10年、20年もすれば、大きい文字の方が読みやすいと感じられるでしょう。そんなところも考慮して、開発していただけるとうれしいなと思うわけです。

2005年11月4日金曜日

MacTechnology Lab.にレビュー

MacTechnology Lab.の「新製品・新刊書」のコーナーにDictJugglerのレビューが掲載されました。しっかりお使いいただいて評価していただいたようです。偶然ですが、このページのオーナーの松田さんは3年ほど前にReference!という、似たコンセプトのソフトをコーシングラフィックシステムズという会社(2003年11月解散)で開発なさっていたのでした。

DictJugglerはMac OS X 10.3から標準で使えるようになったWebKitを使って作られています。これがあったので、ウェブブラウザを簡単に作ることができました。 Reference!を開発なさった頃はWebKitはまだ使えませんでしたから、もしブラウザ込みにするとすれば独自に開発しなければならなかったわけで、かなり大変なプロジェクトになっていたでしょう。

DHCのメルマガ配信

DHC教育研究所から発行されているメールマガジンにエッセイを書いています。1,2ヶ月に一度ぐらいの割合で私の原稿が配信されますが、今日が配信日(ちなみにこのDHCはあのDHCと同じ会社です。もともと、翻訳が主だったのですが、副業で始めた化粧品が売れに売れてしまったのだそうです)。

最近は「翻訳を科学する」と題して、(人間)翻訳の作業を一応科学的に分析しています。今回のテーマは「類語と関連語」。ご興味のある方は、コラムのページでお読みください。

ここにも書いたのですが、DictJugglerを開発したのは自分たちのためでもあったのです。翻訳をするときやエッセイを書くとき、いろいろ調べ物をしなければなりません。Googleだけですめば話は簡単なのですが、アルクのサイトで「英辞郎」を引いたり、英英辞典で発音を調べたり。同じGoogleでも、単純な検索ではなく、フレーズ検索や「とは検索」をしたり、日本語のページだけを指定して検索したりと、いろいろな使い方をしなければなりません。

煩わしいのを一発でできないかと考えて作られたのがDictJugglerというわけです。DictJugglerなら引きたい単語やフレーズをクリックするだけ(あるいは「クイック辞書引き」ウィンドウに入力するだけ)で、すべてのサイトで検索をしてくれるのですから。まあ、たとえこのソフトがそれほど売れなくて、儲からなくても、我々の翻訳作業はかなり効率化されるわけで、それだけでも意味はあったというものでしょう(とはいっても、売れないと開発資金の回収ができませんが...)。

翻訳者は圧倒的にWindowsユーザーが多いのですが(なぜかってクライアントがほとんどWindowsユーザーですから)、ライターとか、報道関係の方とかMacをお使いの方もいらっしゃるはず。そういった方に使っていただければ、かなり快適なのではないかな〜と思うのです。

Windows使っていた方が、「DictJuggler使いたさにMacを購入」などということになれば最高にうれしいですが...

2005年11月3日木曜日

Appleのサイトにも掲載

米国Appleのサイトにも載りました(今はDictJugglerのページにあります。しばらくの間はOmniWebやFirefoxなどのページの横のRecently Addedの欄にも掲載されていました)。

日本のDownloadには、10/31に掲載依頼を送ったのですが、11/1更新には間に合わなかったらしくてすぐには載りませんでした。どうやら、2週間に1回しか登録・更新していない模様。う〜ん。USは毎日更新されているのに、もう少し頻繁にやっていただくわけにはいきませんでしょうか?

英文プレスリリースを送付

プレスリリースを短めにまとめて英訳して、外国のサイトに送付しました。疲れました。

結構すぐに載せてくれたのが、Version Tracker。私は気づかずにいたら、ペンシルベニア州やドイツから購入申し込みが来てびっくり。同僚がメールをくれて、Version Trackerが原因であることが判明。トップページに掲載されていました(現在はDictJugglerのページに移動しています。よろしかったら評価などしていただけるとうれしいのですが…)。

ダウンロードサイトの書き方を間違えてしまっていて、ダウンロードがうまくいかなかった人がいたにもかかわらず結構アクセスしてくれていました。

ダウンロードイメージへのリンクを書くべきところに、ダウンロードページ(download.html)へのリンクを書いてしまったのです。(分からなかった方へ。We are sorry!)

初めてだと勝手が分からないことが多くて大変です。

2005年11月1日火曜日

プレスリリースの送付

昨日あちこちにDictJugglerのプレスリリースを送付しました。

早速掲載してくださったところもあります。

  • 新しもの好きのダウンロード — こちらにはRC版(Release Candidate版)の時から広告を掲載していただいています。
  • MacTechonology Lab.
  • MACお宝鑑定団

残念ながら、マスコミ・雑誌系のサイトやメルマガには全然のりませんでした。はれ〜〜〜。皆さん、見る目がない(と私は思います)。

2005年10月31日月曜日

DictJuggler 1.0発売!

いよいよDictJugglerの発売です。プレリリース版をダウンロードしていただいた方ありがとうございました。

早速購入してくださった方、ありがとうございます。

バージョン1.0の基本機能はプレリリース版と変わりませんが、一部インターフェースに変更があります。更新履歴をご覧ください。

なぜか、この大事な日に、某テレビ局からわたしたちが開発中の翻訳ソフトについて、番組で紹介したいというメールが。よいことの前兆でありますように。