2022年7月29日金曜日

iMovie活用術 -- フォトビューアー+ムービービューアーとしてのiMovie

最近、鳥の写真やムービーをよく撮る。

デジタルだから、バンバン撮って、バンバン捨てる。 だからすごくいっぱい貯まる。

MacのFinderで見るのはなかなか大変だけど、IMovieを使うと楽なことを発見した。

写真もムービーも全部、タイムライン(下の欄)にドラッグ&ドロップしちゃうのだ。

あとは、マウスをムービーや写真の上に置くだけで、右上に大きく表示される。 長いムービーも、サア〜とマウスを動かすだけで全体像を確認できる。

順番に並んでいるので、不要なやつはFinderで削除すればいい。使えそうなやつは別にフォルダを作ってそこに移動しよう。

ムービーを作るなら、タイムラインで写真を取捨選択したり、ムービーの長さを調節したりすれば、すぐ完成だ。

う〜ん、これは便利だ。これからはこの方法でいこう。