2014年8月23日土曜日

アップルの日本語がおかしい #005 Gmailが使えない

OS X 10.9になったら、「メール」アプリでGmailがうまく使えなくなってしまった。 10.9のアップデートのたびに試してみたけど、ダメ。最近はアップデートがあっても試さなくなってしまった(今、別のマシンで試してみたが、「レインボーカーソル」が15分以上回り続けている)。

ネットを見ると、「私は大丈夫になった」という人が結構いるみたいだけど、私はまだおかしい。 フォルダとかルールとかいろいろ組み合わせているせいなのかなと思う。

これ、「日本語がおかしい」というわけではないけれど、致命的な話なのでここに書く(日本語でメール書くし(冗談))。

私はどうしていたかというと、Pararells Desktopで10.8を動かして、その中のMailで読み書きしていた。10.9使わないわけに行かないもんで。

「読み書きしていた」と過去形で書いたのは、β版が公開されたMailboxというメールアプリに乗り換えられそうな感じなので、期待を込めて。

10.8まで問題なく使えていたGmailがきちんと使えない「メール」をリリースしておいて、正式リリースとは「臍がお茶湧かすぜ」。(と、言葉遣いが荒くなったのは、この件に関しては特に怒り心頭に発するなのだ)。まさか、世界中で私だけが困っているわけじゃないと思うけど。


アップデート 2015年2月4日

10.9でも10.10でもgmailが無事読めるようになりました。助かった。 なお、Mailboxは結局使わなくなりました...

0 件のコメント: