2006年2月3日金曜日

日本のサービス

12月29日に山中湖に行きました。本当はその翌日行く予定だったのですが、「今日の方が天気がよいから、今日行こう」ということになって、富士山の麓の温泉に行くことになりました。もうお昼すぎていたのですが、片道100キロぐらいの距離なので、何とか日帰りできるでしょう。

あわてて着替えや道中で食べるお菓子などを用意して、駐車場に行きます。ドアを開けようとしてキーに付いているアンロックボタンを押します。ところが、ウンともスンとも言いません。「あれれ〜」と思って何度もやってみましたが同じこと。仕方がないので、ドアにキーを差し込んでドアを開けて、中に入ってみると時計の表示も消えているではありませんか。車のバッテリーが上がってしまったのです。寒い日だったので、寒さのせいかとも思ったのですが、後でわかったことですが、後ろのスライド式のドアが半ドアで、ランプがずっと点きっ放しだったようです。

近くのトヨタ修理工場に電話をして来てもらって、バッテリー交換。車検を間近に控えているせいか、年間保証期限内だったせいか2000円ほどでやってくれました。とはいっても、すぐに直ったわけではなくて、結局山中湖行きは翌日になってしまいました。

感心したのは交換をした後です。サービスマンのお兄ちゃん、携帯電話を取り出して、時刻を合わせはじめました。『なかなか、サービス精神が行き届いているな〜。日本のサービスやな〜』と感心しました。

じつは、さらにびっくりしたのです。時刻を合わせ終わったサービスマンの方が、今度はラジオの局を合わせ始めました。AMもFMもひとつひとつ、手際よく。これにはびっくりしましたね。『こりゃ〜、アメリカじゃ絶対やらねえな。韓国でもないだろうな。日本らしいな〜』と自分の住んだことのある国々のサービスと比べてしまいます。

私がたま〜に聞く、NHK第2放送をスキップしていたのはご愛敬でしたが。

0 件のコメント: