2018年10月6日土曜日

Google Calendarっていつから昔のMicrosoft Wordみたいになっちゃったんだ?

昔のMicrosoft Wordは使いにくかった。 余計なお世話ばっかりで、足を引っ張られてすごくストレスがたまった。

英単語を入力すると勝手に先頭文字を大文字にしてしまったり、リストにするつもりはないのに、勝手にリストだと思われて字下げされてしまったり。 「余計なお節介」がとにかく多かった。自分でそのように設定したのならともかく標準設定(デフォルト設定)がそれだから参る。 だから、できるだけ使わないようにしていた。

「こんな機能入れたんだから使ったもらわなくちゃ」という開発者のエゴ丸出し。

今日iPhone版のGoogle Calendarを使ったら、久しぶりに同じようなストレスを感じた。

iPhoneアプリで、10月21日に予定を加えようとして[+]→[予定]とタップして、[終日]のスイッチをオンにした時の画面が下の画像だ。

この画面で、「タイトル、時間、参加者、場所を入力」の欄を何度クリックしても普通の文字が入力できない。「歯医者」とか「マッサージ」とか「散髪」とか、それほど頻度が高くなさそうな選択肢を選べるだけなのだ。

「休校」ってなんだ? 俺は学生じゃねえぜ。

「母の誕生日」ってカレンダーに改めて入力する機会なんてあるか? そんなのは入力するなら大昔に入力してるぜ。第一、母親の誕生日なんてカレンダーに入れなくたって、覚えているし、「あさって、お袋の誕生日か〜」とか思うだろう。 第一、俺のお袋はもう天国へいっちまったい。だから、今さら母親の誕生日なんか入力するわけがない。

この選択肢考えたヤツは、ナニ考えてるんだ? それともお得意のAIにやらせてるんか?

俺の年齢を(勝手に)推測しているのかとも思ったが、それなら「休校」ってなんだ?

ここで、一旦[終日]のスイッチをオフにすれば、入力をできるのだが、これに気が付かない限り、永遠に自分の入れたいタイトルは入力できないのだ。

こんなバグ残してリリースするなんて、信じがたい。まあ、環境に依存する可能性はあるけれど、カミさんのiPhoneでも同じだそうで、最近ジャ〜、iPhoneで予定を入力するのは諦めたそうだ。

昔のMicrosoft Wordみたいに、よけいなお節介としか思えないような選択肢の提示はやめて欲しい

それから、ちゃんとテストしてくれ! 自分で使ってみてないのか? [終日]をタップしてから、タイトルいれるときだってあるだろ〜。

0 件のコメント: