2018年8月27日月曜日

三菱UFJ銀行のアプリはいつも悲惨だ

今日パソコンから銀行振込をしようとした。 ワンタイムパスワードというのを入れる必要があるので、アプリを起動した。

「アプリをアップデートしないと使えません」ときました。

「え〜ん、振込ができないよう〜」

ワンタイムパスワードの入力ぐらい、アップデートしなくても(ひとつ前のバージョンでも)できるように作るのが当たり前ではないの? 一時を争う振込だったら、どうするの?

こんなアプリを作る人も、それでOKを出す人も、気が知れない。 利用者のこと考えて作っているんだろうか?

このアプリを使うのはあまりに危険なので、ワンタイムパスワードを生成するカードを申し込むことにした。

いっそのこと、銀行変えたろうかな

何年か前に、スマフォをアップデートしたときにもパスワード生成アプリが使えなくなってしまって、大変な思いをしたことがあった。 たしか、新機種に対応していなかったのが原因。

銀行アプリで、機種依存のことをする必要があるのか大いに疑問なのだけれど、なぜか新機種では動かないことが多い (これに関してはAppleが新バージョンで新しい仕様に対応するよう求めてきている可能性もあるかな? それなら、必ずしも三菱UFJ銀行のせいというわけではないけれど)。

いっそのこと、銀行変えたろうかな。

これからは、アプリやシステムの使いやすさで、色々なものが選ばれる時代かもね。

悲惨だったのは二度だけなのだけれど、二度もいやな経験すると「三菱UFJ銀行のアプリはいつも悲惨だ」と思っちゃうんだよね。

0 件のコメント: